料金後納郵便はがきと色見本

高い機密性というメリットを持つ圧着ハガキを活用しよう

郵便ポスト

近年は、個人情報を企業がどのように扱うかに着目している消費者が非常に多いです。このような背景の中、顧客とコミュニケーションをとるには、企業側も細心の注意を払う必要に迫られていると言えるでしょう。顧客と何か大切な情報についてやり取りをする際には、是非、機密性の高い構造を持つ圧着ハガキを使いましょう。圧着ハガキは、受取人本人以外が見る必要のない情報は、内部に封入することができます。特殊な構造を持つハガキですが、作成は専門業者に依頼すればいいので、そう難しくはありません。
顧客への連絡にあたり、このような郵便物を選択することで、情報保護の仕組みがきちんとできている企業として、顧客から一定レベルの信頼を獲得できるでしょう。圧着ハガキを使うのが適切と思われる具体的なシーンとしては、例えば、オンラインのショップやサービスを利用するのに必要なパスワード、キーコード情報、顧客が自分が利用者であることをほかの人に知られることを望まない商品やサービスの案内などが考えられます。情報の扱い方がずさんだと、それだけで顧客の信頼を損ね、この会社からはもう買わないといった気持ちを持たれるリスクもありますので、圧着ハガキを上手く活用しましょう。

内容に興味を持ってもらえる効果が顕著な圧着ハガキ

日々、色々なところで目にする広告ですが、消費者としての立場から見ると、その中でもっと詳しく知りたいと思うものは殆どないのが現実でしょう。自分が広告を出す側になったら、その点を踏まえて、できるだけ確実に広告の中身をチェックしてもらえるよう、何らかの工夫が必要です。例えば、圧着ハガキを使うと、封入してある内部に本当に重要な情報があるという構造上の特徴から、内容に興味を持ってもらえるという効果を発揮します。
この効果をフルに生かして、特に大きな成果を出したい新製品の販売時や、おおがかりなキャンペーンなどの際には、是非、圧着ハガキを使ったDMを送るという選択をするといいでしょう。また、ビジネスの内容によっては、必ずしもセールス目的でDMを送付するわけではないでしょう。
顧客にとって非常に重要な内容をお知らせする必要があり、開封しないまま放置されると困る情報を送付する場合も、圧着ハガキの効果を上手く利用すべきと考えられます。圧着ハガキは、通常のプリンターで作ることはできず、作成は専門業者に依頼するのが一番確実です。圧着ハガキ印刷を手掛ける専門業者は沢山あるので、自社の予算に合うところを選んで作成を依頼しましょう。

圧着ハガキは広告に活用するのがお勧め

紙を二つ折か三つ折にして畳んで圧着した圧着ハガキは、DMとしてよく利用されていますが、実際に利用する企業にとってはどのような活用方法があるものなのでしょうか。そもそも圧着ハガキのメリットは、ハガキ以上の広告掲載量がありながら作成費と郵送費を抑えられる事にあります。その点で言えば封書を用いる場合よりもコストをかけずに数を用意できるので、なるべく広範に渡って広告を出したいという場合に活用できます。
またハガキサイズという事で大きな郵便受けが無いような家庭でも受け取りやすいので、顧客にとっても利点があり企業イメージがプラスに働く点も期待できます。その上で圧着してある部分を開きたくなるという心理的な効果が期待できるので、特に企業にとっては新しい商品やサービスを宣伝したい場合に大きな効果があります。
ただ手にしただけでは印象に残らなくても、手で開くという行為が伴う事で印象的になり、また中身が気になってよく読むので、細かい情報を掲載するのにも適しています。圧着ハガキの面に「SALE開催」と表記して、圧着ハガキの内側に特価品を並べるというような活用の仕方をすれば、チラシを刷るよりも強く訴えかける事が出来るでしょう。作成は専門業者に依頼すればオリジナルの物を作ってもらえますので、宣伝に活用してみましょう。

最新の情報

最新記事一覧

関連リンク

Top